So-net無料ブログ作成
検索選択

原発って、本当に必要ないの? [時事ネタ]

3・11の地震からもう半年以上たちましたね。

今、報道れるのは、福島原発から離れた場所で、高濃度の放射能が
観測され、その対応についてのことが多い気がします。

(ま、九電のやらせメールの件は、ここではおいときます。とりあえず。)

ほかには、毎度おなじみの朝まで生テレビでいろいろ、言っているぐらいでしょうか。。。

最近では、街に出てみると、たまに、停止中原発の再稼動を禁止する署名活動を
しているのを見かけます。

ここで、原発って本当に要らないのかを疑問に思います。

考え方は、いろいろあると思います。

たとえば、
・ほかの発電施設では、需要にこたえることができないから必要。
・節電を促せば、原発を稼動させなくても需要にこたえることができる。
・安全でないものを使うのは危険だから、稼動させるべきではない。

いろいろです。

では、ここで、原子力、火力、水力について考えて見ます。
いづれの発電施設で使用するパワーの源は、人間の技術力によって、
100%制御できているのでしょうか?

僕の目から見ると、いずれも100%は制御できていないと思います。
原子力よりも安全と考えられている、火力や水力のパワーの源、
「火」も「水」も一度、大きな力を持ってしまうと、人間は何もできないと思います。

まさに、今、インドで起こっている洪水がいい例です。

しかし、原発不要論を訴える人は、原子力発電所が事故を起こしたときに発生する
放射線が人体に及ぼす影響やその範囲についてを、論点にするのでしょう。

でも、僕は、今、日本が原子力発電所を停止や廃止をしたときに、
この国の原子力技術は大きく後退し、技術者は海外に流出してしまう気がします。

今、停止や廃止をしたときに、今度、再稼動するタイミングを逸してしまう気がします。

いろいろ考えた結果、僕の考えは、
①今の原子力発電所の中で、旧式と分類される原子炉の再稼動はしない。
 新しいものは稼動していいと考えます。
②今回の地震と津波を原因とする事故の発生原因とその再発防止策を取りまとめ、
 検証をした上で、すべての原子力発電所に適用するということです。

とりあえずは、この二つが僕の答えです。

あと、原子力をエネルギーとして活用していく研究は、今後も続けていくこと。
原子力は悪者であるという認識をこの先、未来永劫しないことが大切と思います。

これって、偏った意見ですか?



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。